IMG_8722

市内の旧耐震基準の空き家を購入し、新耐震基準に改修して居住した方に、購入費の一部を補助します。市では、空き家を有効活用することで、住環境の向上と定住人口の増加を目指します。

耐震改修して居住した方に取得費を補助

対象空き家

以下の全てを満たす空き家
・1年以上空き家になっている市内の戸建て住宅
・昭和56年5月31日以前に建築された住宅
・床面積が50平方メートル以上のもの
・空き家と敷地の購入費用の合計が500万円以上のもの
・個人が取得するもの

対象者

以下の全てを満たすもの
・空き家の引き渡しから6か月以内に居住
・居住前に耐震改修工事を実施

ただし、以下のいずれかに該当する工事を除く
・補助金の交付決定前に耐震改修工事に着手したもの
・生計を一にしている親族等から取得したもの
・贈与により取得したもの
・他の補助金の交付を受けているもの

補助額

■最大70万円

・基本額50万円。市外から転入する方は10万円加算。親又は子と同居する方、親又は子が市内に居住する方は10万円加算。

※予算額を超えた場合は交付できませんので、ご了承ください。

その他

補助金の交付を受けるには、事前申請が必要です。詳しくは、お問い合わせください。